2017年05月26日

カリモク60のカップボード展示してます。

こんにちは。
バニラ郡山のニイツマです。

最近ホームベーカリーを使い始めました。前々から持っていて、買ったばかりの時はよく使っていたのですがここしばらくさぼり気味でした。汗
材料を入れてボタンを押すだけで美味しいパンが簡単にできますからね~。買った方が安いと言われるとそれまでなのですが、自分の手間をかけた分美味しさは倍増です。それにホームベーカリーから漂ってくる焼き上がり中のパンの香りも楽しみの1つだったり。何もつけずにそのまま、淹れたてのコーヒーと味わう。最近はそんな休日ばかり過ごしています。笑

さて今日は展示が久しぶりのカリモク60+のカップボードをご紹介します。

カリモク60+ カップボード:170,100円(税込)

久しぶりに見て、やっぱりいいなぁ~としみじみ思いました。笑
北欧を感じさせるデザインとこだわりのヴィンテージチーク色。すでにヴィンテージ家具の雰囲気を漂わせていますよね。大きい収納部に比べすっと伸びたテーパードの脚がメリハリを出してくれ、加えてかわいさもプラスしてくれています。

カップボードの名前がついていますが、食器以外にも自慢のコレクションを並べたくなりますよね~。普通の日用品をただ使って片づけるだけでなく、お気に入りのモノを魅せるために使いたいと思わせます。

一点モノのファイヤーキングとVANILLAオリジナルゴブレットマグ


人気のグレベコシリーズ

ディテールはもう言うまでもなくメイドインジャパン、カリモクのクオリテイです。角を見れば留め加工で引き出しはアリ組構造。引き出しの取手はサイドボードなどと合わせてあるので、細かいところまで合わせることができますね。細かいところを見れば見るほど「良いモノ」だなと実感します。ちなみに引き出し自体はインセット仕様です。
インセット仕様は仕込みづくりと呼ばれることもあるかもしれません。一番最初のお写真を見ていただくとわかりますが、簡単に言うと引き出しの前板(取手などがついている前側の板)が、その本体の内側についているか、外側についているかです。ちなみに勘が良い人はお気づきかもしれませんが、外側についているものはアウトセット仕様となります。インセット仕様の方が密閉性なども優れ、技術的な部分でも精度が求められます。カリモク60の収納家具はほとんどがこの仕様なのでさすがですね。

個人的にはカリモク60のカップボードは、扉部分と引き出しの境目がきれいに合わさるのが好きです。別に普通な事かもしれませんが、こだわりのない安価な物は戸棚部分と引き出し部分の境目の中板が表に出ていたりするので・・・。


お値段だけでみると同じカリモク60のサイドボードショートサイドボードの中間くらいですが、サイズ感はかなり変わってくるので置きたいスペースとの相談ですね。

サイズは幅89cm、高さが110cm。奥行きは45cmで圧迫感はありませんが、しっかりと存在感は感じさせます。一人暮らしの方や、同棲を始めたばかりの方であれば十分な収納力です。標準で棚板が2枚ですが、追加で棚板のみのご購入も可能なのでお気軽にスタッフまでお尋ねくださいね!裏面もきれいな仕上がりなので、お部屋の間仕切りでも使えますね。最近よくお問合せを頂いている同じカリモク60+のカフェテーブル1200との相性もよさそうです。


先日お店に運んだ時に中に何を入れようかと考えましたが、正直なんでもいいんですよね。自分が入れたいものを入れる。魅せたいものを入れる。これが大事で、それをニヤニヤと考えながらしまい込む作業を楽しんでもらいたいなと思います。


今は同じカリモク60のKチェアの傍らに置いてありますので、座った時にどう見えるのかも意識してみてみて下さい。また、扉も開け閉めする度、買ってよかったと思えるはずです。ぜひお店でご覧になってみて下さいね。


皆様のご来店お待ちしております。



ブログへのコメントお待ちしております*


------------------------------------------------

●VANILLAのInstagram更新中●
商品の魅力的な一面をお届けします!
VANILLA公式Instagram:vanilla1950
#バニラインテリアもチェック!

------------------------------------------------




VANILLA koriyama
〒963-8862 福島県郡山市菜根1-20-16 定功ビル1F
TEL:024-973-6091
FAX:024-973-6092
MAIL:shop-vk@nonversus.jp

OPEN 13:00-19:00
CLOSE 毎週火・水

  


Posted by バニグマ at 16:42Comments(0)カリモク60

2017年03月09日

【カリモク60】ちょっと贅沢なロビークッション。

こんばんは。
バニラ郡山のニイツマです。

3月に入り油断していましたが雪が降りましたね~。
夜は少し積もったりして、まさか・・・と思いました。笑
今年は雪と桜のコラボレーションがあるかもしれませんね!

今日は新商品のご紹介です!
カリモク60+のロビークッションが入荷しました!昨年11月頃に登場したカリモク60では珍しい新商品です。

カリモク60+ ロビークッション:19,656円(税込)

こちらはロビーチェア専用として開発された、背もたれ用のクッションです。ボタンはなくとも、ボタン絞りを思わせるデザインはさすがです。裏側はフラットで真ん中あたりに縫製の縫い目がきます。


以前からはハーフクッションがありましたが、ロビークッションはフェザーとウレタンの組合せで潰れにくい構造になっています。ハーフクッションも一般的なクッションとは違い、ダクロンデュラライフを採用しているので軽いうえに優れた反発力があります。
使い分けに関してはお好みになりますが、背もたれ上部のフレームのあたりが気になる方は、ロビークッションがオススメですね。あとはご予算も変わってきますし・・・。


背もたれ上部のあたりというのは、体格差にもよりますが首下から肩甲骨あたりでしょうか。ロビークッションがあれば直接あたることはないので、体へのフィット感が向上します。


そしてロビーチェア専用とは言ったものの、クッションには変わりはないのでKチェアにも合わせてみます。例えばKチェアを買う際に、スタンダードブラックかモケットグリーンどちらにしようか迷ったとき。そんな時はスタンダードブラックのKチェアを買って、このロビークッションを一緒に使っていけば、両方いけちゃいます!笑


背もたれに合わせて使うのはもちろんなのですが、特に今の季節はコタツもあってかKチェアを持っていてもラグの上などに座る機会も少なくないと思います。そうなってくるとKチェアの座面の前側に寄りかかるわけですが、ちょっと背中も痛いし、ホールド感もない・・・ですよね。
そこでこのロビークションの出番です!写真のように座面の前側に置いてわきで挟むように使ってあげるとこのホールド感、安定感が抜群です!!


クッションとしては少し高価なモノですが、使い勝手もよく何よりも人気のモケットグリーンの触り心地が最高です!もちろんクッション1つとってもこだわっているのがカリモク。このロビークッションに関しては、腰にあたる部分にボリュームを持たせることで、サポート力を向上させています。

※左側がややボリュームがあります。

日ごろ使っていく上での注意点としては、湿気に注意する事と、お掃除のタイミングなどで風通しの良いところで陰干ししてください。また、使っていくにつれ中材が偏る場合がありますので、軽く叩いて形を整えながら使うのが永く使うためのポイントですね。
カバーの取り外しが可能ですが、お手入れはドライクリーニング推奨です!

ちょっと贅沢な大人のクッションですが、ご自宅用はもちろん贈り物でもアリではないでしょうか?意外とクッションって後回しになりがちなので、こだわりのソファを買ったならクッションも同じタイミングで揃えるのがいいですよね◎
カリモク60のKチェア、ロビーチェアを買われたのであればなおさらです!!

ぜひお店で自分の使い方でお試しくださいね~。

皆様のご来店お待ちしております!



ブログへのコメントお待ちしております*


------------------------------------------------

●VANILLAのInstagram更新中●
商品の魅力的な一面をお届けします!
VANILLA公式Instagram:vanilla1950
#バニラインテリアもチェック!

------------------------------------------------




VANILLA koriyama
〒963-8862 福島県郡山市菜根1-20-16 定功ビル1F
TEL:024-973-6091
FAX:024-973-6092
MAIL:shop-vk@nonversus.jp

OPEN 13:00-19:00
CLOSE 毎週火・水

  


Posted by バニグマ at 18:16Comments(0)カリモク60

2017年02月27日

店内レイアウト替えしてます。

こんばんは。
バニラ郡山のニイツマです。

3月が近づいたせいか、少し暖かくなってきた気がします。この時期は室内の空調の調整が難しいですよね・・・。暑がりな人、寒がりな人。ニイツマはどちらかというと暑がりで、暖房がガンガン聞いていると逃げ出したくなります。苦笑着こむ量を調整したりしていますが、寒がりな人はぜひ体づくりをオススメします!何をするにも自分の体が資本です!

さて今日はお知らせというほどではありませんが、店内のレイアウトを替えました!ブログでご紹介するよりもご来店頂いて直接見ていただきたいなと思いますが、発見もあったのでご紹介しますね。
まずは、発見ではありませんが、現在試作段階の「フロートテーブル」の試作品を展示しております!詳しくはVANILLAmagをご覧ください。


定番のカリモク60のKチェア2シータースタンダードブラックに合わせています。サイドテーブルとしてはもちろん、「コ」の字を活かした使い方でその力を発揮します。リビングテーブルもいいですが、やっぱり自分の体の近くにテーブルがあった方が良いですよね。リビングテーブルが無くなった分、空いた前のスペースにオットマンを置いてあげれば、もう文句のつけようがないですね!笑
カップホルダー用で穴が空いた親切設計です。ぜひ826STANDARDのゴブレットマグを入れて休日の時間をお過ごしください。

そして今回のレイアウト替えで発見したもの。それは最近出たばかりのカリモク60+のカフェテーブル1200826STANDARDのベンチの組合せです。


お写真ではわかりにくいですが、126cmスラットベンチ ウッドレッグスラットベンチクッション80を合わせています。

カフェテーブルの高さが60cmに対して、クッションをのせた状態のベンチの高さが約36cm程。少し沈み込むことを考えても良い感じの高さですね~。カフェテーブルはダイニングではないので、あわせる「ベンチ」という商品はありません。Kチェアとの相性も良いですが、Kチェアばかりを置いても窮屈に。そんな時はこのスラットベンチを合わせてみて下さい。ほど良い抜け感があって暖かくなるにつれて需要がありそうですね・・・!ベンチの幅は84cm、もしくは126cmがオススメです。

こんな感じで店内のレイアウトが替わっていますので、新しい発見をしにぜひご来店くださいね。
3月は2日(木)からの営業となります。

3月も引き続きVANILLA koriyamaを宜しくお願いします◎



ブログへのコメントお待ちしております*

------------------------------------------------

●VANILLAのInstagram更新中●
商品の魅力的な一面をお届けします!
VANILLA公式Instagram:vanilla1950
#バニラインテリアもチェック!

------------------------------------------------




VANILLA koriyama
〒963-8862 福島県郡山市菜根1-20-16 定功ビル1F
TEL:024-973-6091
FAX:024-973-6092
MAIL:shop-vk@nonversus.jp

OPEN 13:00-19:00
CLOSE 毎週火・水

  


Posted by バニグマ at 18:36Comments(0)カリモク60